怒濤の11勤からの休日。お昼の飛行機で那覇へ。機内から富士山南アルプスなどくっきり見え興奮する。
f0157572_12351468.jpg
到着するなり那覇空港のA&Wでルートビアドーピング。
ゆいレール24時間券を購入し奥武山公園下車、ナハマラソン受付。
受付はこっちあっちという表示もなく人の多い方へ歩き無事受付会場到着。そろそろ暗くなる時間なので混雑もなくゼッケンをもらい那覇西高の学生さんからTシャツを受けとる。なんかいいデザイン。
f0157572_12320914.jpg
チェックイン後、ホテルから近い栄町市場の食堂でポーク卵定食を食べて翌日に備える。
12.3
530起床。りんごとパワージェルで朝食。ホテルのロビーにランナー客のためにバナナを置いてくれていたのでもらってく。
ゆいレールはぎうぎう。ほとんどの人は壺川で下車。自分たちのスタートブロックは奥武山公園からの方が近そうなのでもうひと駅乗車する。
f0157572_12355373.jpg
クロネコヤマト方式500円で荷物を預け(もちろん2人で1つ)
空いてるトイレを探してスタートブロックにたどり着くと混雑している。ブロックの確認が厳重らしい。いいぞー
旦那氏とは別ブロックなので今日は一人旅。スタートまでヒマ。スタートのカウントダウンは盛り上がったがびくともしないスタート列。今回はJブロック。多分人がいちばんたくさんいるだろう。やっとゆるゆる動き始めてロスタイムは14分ほど。
f0157572_12364562.jpg
スタートライン付近に沖縄のゆるキャラが集まってたが反対サイドだったので何も見えず。ぐぬぬ。
周りと多少スピード感が違うもののゆっくりでいいかと流されながら走る。が、すり抜けが多く同じ人に2回もヒジテツを喰らったので痛い!と抗議するもヘッドホン野郎で(女子だけど)知らん顔された。グギギ。
いやいや無心で走らなければ。と思っているうちに国際通りに突入。沖縄6回目にして初国際通り。しかし走り去るだけ。
曇り空で湿度が高くまだそんなに走っていないうちから汗だく。
水分補給してもすぐにまた水、、、な気持ちになる。6キロくらいの交差点で右折するとき差し出された女の子の手からアクエリアスのパウチを受け取った。
冷たい。ありがたい、後ろから受け取ってくれたよ!と報告するかわいい声が聞こえた。お互いに嬉しくなるなんてすごいな。
さっきからパウチ飲料を持って走っている人がやけに多いなと思っていた。もらいものなのか。
f0157572_08435320.jpg
沿道にいる人たちのほとんどが、それぞれ何かしらランナーに差し出していることに気付いた。なんだこれ、エイド天国。
車イスの男の子がいたので近づいて応援ありがとうと握手した。
代わりにお母さんががんばってとプチゼリーを渡してくれた。
しかしまだ10キロも走っていないのでエイドは自粛。
少し広い道へ左折したところで後ろを走っている男性グループの一人が大きな声で「Cはこっち向きに!」と言いながら練習!とか叫んでいる。
そうかそろそろか。下った先にいるいる。音楽も聞こえてきた!YMCA交差点だ!しかしちょうどYMCAができないメロディのところだったのでできるよう調整した。楽しいよ!なんて素敵なの!
f0157572_08445787.jpg
バイパスっぽいところで10キロ通過、5時間20分ペース!と言われた。
今日も早めにトイレタイム。女子専用があったので回転が良かった。ここでヒジテツさんと再会。シャー!!!
沖縄南部は始めてなので全く土地勘がない。
中部名護周辺は美ら島センチュリーとツールド沖縄サイクリングで走っているのでなんとなくだがわかる。
糸満と豊見城、どちらが那覇寄りかすらわかってない。
地図が見たくて仕方ない。今どこら辺か知りたいよ!
相変わらず汗だくで給水で水を取り手拭いを濡らして顔を拭いたり。
しかしこの給水、水かと取ると微妙にスポーツドリンクだったり
私設エイドから水かと頂くとレモンの味がしたりで飲むまでなんだかわからないミステリー給水。
そして少し日差しが出てからは、氷をもらうもらう。最初は氷を生で。その後はビニール袋に氷を入れたものを何度か頂く。
なんて気の効いたエイドなんだろう。
あとチューブのジュースを凍らしたものもたくさんあった。
ひとつ頂くも何味かわからなかったのが残念。歌声のエイドがあったり励まされながら中間点の平和祈念公園に進んでゆく。
両側にスポンサーエイドがあり賑やかだ。
f0157572_08460988.jpg
トマトと書かれていたので近寄ると大きいトマトだった。しかし女性と目が合いハイ!と渡された。食べられんよー
野球部らしい高校生も元気に応援してくれた(関門要員らしい)
230も掛かっているのでなんかヤバイかな?とりあえず進もう。
ガチで走るつもりは全くない。みんなが楽しい!というナハマラソンを体験しに来たんだ。
しかし中間点を過ぎても人が多くて走るの大変。

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-12-13 17:37 | ジョギング | Comments(0)

おかやまマラソン3回目

11.12
朝早い新幹線に乗って岡山駅から歩いておかやまマラソン受付の運動公園へ。
今回は旦那氏も参加。仕事で受付無理かも?なので代理受付。免許証のコピーですんなり終了。
今年のTシャツは緑!
f0157572_08473456.jpg
家に帰ってゴロゴロしてたら旦那氏到着。
11.13
餅食って~毎年同じ朝。しかしテレビの体操やってたらバタバタになったよ。
バスで岡山駅まで行き歩いて運動公園。もちろん裏道だが線路沿いなので旦那氏はしゃぐ。
スタジアムの観客席に陣取りトイレ行ったり用意してたら時間に。走って荷物預けに行ってギリギリにスタートゲートへ行くが旦那氏とはぐれる。スタートブロック内でなんとか再会。
845スタートだが830から開会セレモニー。開会宣言のあと、知事はハイテンション野郎な挨拶、市長も面白いこと言うも短い挨拶。
そして一番盛り上がった有森さん、山口衛里さんのメッセージ
どんどんスタート時間が迫ってきて大丈夫か?な感じだった。
Dブロックの後ろの方にいたのでスタートロスは6分。
f0157572_08483375.jpg
市役所までは流れに身を任せようと焦らず進む。跨線橋で今年も新幹線は捕らえられず。
電車通りまで出ると旦那氏は路面電車撮影していた
岡山駅を過ぎ、市役所を過ぎても走路が定まらない。なんだかいままでより人が多い感じ。
そして7キロ過ぎあたりからトイレに行きたい気分になる。
第1回の時にも寄った10キロのJA仮設に寄る。トイレの設置台数が飛躍的に増えていてそんなに時間も掛からず復帰できた。しかし。
周りのペースが少し違っていて走りにくい。焦らず少しづつ前に。そしたら5時間のペースメーカー集団にでくわしパスするのに苦労する。
ハーフは225くらいで通過。5時間切りは難しいな。
藤田のエイドで茄子の漬物がある。去年好評だったようで旦那氏に勧める。自分はシューズの調整したり。ここで旦那氏の姿が見当たらなくなる。仕方ない一人旅でいいか。
f0157572_08324946.jpg
浦安のエイドできびだんごをいただく。そして母エイド。旦那氏未着。さてと、エアサロ祭と思ったら。
1年間コツコツ貯めたお小遣いで購入したおかやまマラソンエイド用スプレー類(今年は12本)は売り切れていた。その上コーラも売り切れ。泣くよ。
エアサロだけは念のため別場所にしてあったのを発見。そうしてるうちに旦那氏到着。トイレに寄ってたとのこと。到着の第一声は腹減ったー!で、おにぎりを食べていた。
母エイドも3回目。去年もここでエアサロ借りたんです!と言ってくださった方がいたとか母は結構楽しそうだった。そして今年はたまたま近くにいらした奥様方も手伝ってくださり、楽しかったと感想を言われていたとのこと。もちろん私たちもお礼を言ってそこを後にした。
f0157572_08355803.jpg
この先は岡南大橋。その手前でコーラを出してくれているエイドがありごちそうになる。市場のエイドではミカンを補給。
おかやまマラソンでは各エイドにさしかかるのところにエイドの配置や内容をハンドマイクで案内してくれている。
そのほとんどはエイドを担当するボランティアの高校生で、とても一生懸命。
市場の前では水、アミノバリュー、ミカン、水とテーブルが~等、配置を叫び続けていてくれたのだがランナーが合いの手のようにミカン!ミカン!ミカン!と叫んで混乱させていたが楽しそうだった。
エイドすべてではないがどこの学校か聞いてみたところ芳泉、興陽、玉野光南、操山、清心。前日の受付は山陽女子の学生さんだった。
f0157572_08385456.jpg
あるエイドで話した玉野光南の陸上部の方は県の記録会で1位になっている学生さんだった。未来のアスリートがボランティアで盛り上げてくれている。
本当にこんな環境で走らせてもらえて感謝しかない。
岡南大橋の下には高校生ボランティアが一生懸命呼び込み?をしているラーメンエイドがあるが旦那氏も自分もここはパス。(旦那氏は橋の途中の私設でそうめんをご馳走になっていた)
f0157572_08353294.jpg
コースは旭川土手に入る。長いよな。旭川大橋には例年通りももっちうらっち、謎の犬。(名札をアピールしていたがやっぱり謎)
f0157572_08363164.jpg
このあたりは歩いている人の方が多い。自分たちはエイドで止まりすぎたため遅いので多少走っている。が、歩いている人をパスするのは労力が必要。
平井のエイドでは恒例、公式エイドの向かいに私設エイド。
そしてキレイなお姉さん方。オーロラ姉妹とおっしゃるそう。
f0157572_08365411.jpg
その先にはこちらも恒例調味料コスプレのお姉さま方。今年はいないかと思った!と話しかけると待っとったんよーと返された。ニクいな。
今回、NGT48のユニフォームで走っていた旦那氏は桜橋近くで新潟がんばれ!と沿道から声を掛けてもらい超ご機嫌。
桜橋を過ぎて我が母校(小、中、高)をガイドし路面電車の軌道を超える。岡山城も見えてきた。
f0157572_08372489.jpg
40キロを過ぎ、就実のハイタッチ隊に元気をもらい少し欲が出てしまい旦那氏を置いて走ってしまう。
跨線橋の上りも順調に走れる。国体通りでもスピードは落ちない。スタジアムに入り旦那氏を待っていようか悩みむものの先にフィニッシュして写真を撮ろう!と脳内決定。
f0157572_08380575.jpg
フィニッシュライン前で減速しないようと思ったことだけは覚えているがあとはどうしたかもう忘れた。
で、スマホを取りだし撮影できる場所を探し待機。都市型マラソンでは立ち止まらないでください!と案内している場合が多いがさすが大都会岡山はそんなことない。
急かされない代わりに滞留している人も少ない。
写真を撮ろうとしている人にボランティアさんがシャッターを押しましょうかと声をかけてくれたりしている。
フィニッシュ後の導線に余裕があり移動してからも写真が撮れる仕様になっているのが良いのかな。
さてと旦那氏と思ったらすぐにキタ。一緒にフィニッシャーゾーンを歩いていると市長がいらしたのでまた来ますね!といいながらハイタッチ。その先には知事が。大人気のようだ。
自分も隆太!と声をかけるとどうもどうもとハイタッチしてくれた。
そしてピンクのタオル、備前焼のメダルをいただきシューズのチップをボランティアの高校生にはずしてもらう。こちらは就実のサッカー部。今は県のベスト4なんだそう。
完走証も待ち時間なしで発行してもらえた。
旦那氏は初めてのメダルにうれしそう。地ビールで乾杯した。
タイムは530くらい。もっと上を目指したいところだがおかやまマラソンは自分のなかではお祭り。
いろんな出会いを通して岡山の未来にわずかながらでも貢献できたらいいな、と思う(壮大だな、、、)
足痛いなーと言いながら岡山駅に歩いて戻りバスで家に帰る。
今年も楽しかった。
f0157572_08393738.jpg
マラソンって走ってるとき辛いのにゴール後はみんな笑ってるのは
なんでなんかなぁ
旦那氏も足痛かったみたいだけど来年はラーメン食べたいなとか言ってるし。

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-12-01 08:54 | ジョギング | Comments(0)
初 雨の日大会だった甲州フルーツマラソン。
自転車大会では何度か経験していたがマラソンはどうなるか未知の世界だった。
家の回りで走ってるときに雨が降っても家に帰ればええからね。
大会となると走っているときより帰り支度のが大変ということがわかったぜ。
f0157572_08420628.jpg
ウェア
半袖チャリジャージ普通のインナー
CW-Xタイツユニクロランパン(ポケットがあるのでお気に入り)
いつもの靴下、アデダスボストンブースト(だっけ?)
そこにセールで購入したばかりのサロモンの薄いウインドそして名古屋ウィメンズの時にもらった久光ビニールポンチョ。
山用防水ハットにモンベルの防水仕様手袋。
帽子と手袋は、ゴアテックスでもないので防水機能はずっと雨の中ではなんちゃってくらいしか機能しなかった。
ビニールポンチョがあろうが濡れるもんは濡れる、ということがわかった。
最初は蒸れるなぁと思ったが脱ぎたい気持ちにはならなかった。
シューズは重たくなって絞りたかった。
f0157572_08525453.jpg
スタート前、体育館内がすでにみんなが(自分も含めて)持ち込んだ雨の滴で濡れている。
そこを歩くと靴下が濡れる。それが嫌だったので足にサランラップを巻いた。シューズを履いたら取るつもりだったが途中までそのままで走った。
シューズの上にもカバーのようにサランラップを被せた。
そのためのテープ類も持参していたのだ。
走っていて濡れるのとスタート前に濡れてしまうのは気持ちが違う。
(ちなみにサランラップ使用は以前から寒さ、雨避けとして自転車の時にやっている)
山用ハットは失敗。いつものキャップだと頭ずぶ濡れ?と思っていたが2時間も外にいたらそんなの関係ねぇ、だ。
キャップにシャワーキャップのが良さそう。
走り終えてそのまま迎えの車に向かおうと思ったが無理か、と着替えることにした。
室内もやはりどこも濡れているので工夫しないと着替えも難しい。
特に足元は悩んだ。
あと、濡れた荷物はとても重い。
電車で帰る予定だったらどうなっていたんだろう。迎えに来てくれた旦那氏に感謝。
今回はそんなに気温が低くなかったのでなんとかなったがもっと寒いと装備も変わるだろう。その前に寒くてDNFか?

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-10-27 08:54 | ジョギング | Comments(0)
前日
日本武道館へ寄ってから最終のかいじで甲府泊、雨。
当日
甲府から塩山行きに乗り車内で朝食。
塩山で甲州フルーツマラソン号の回送を見送り次発で勝沼ぶどう郷駅。
f0157572_18594187.jpg
8時過ぎ、駅前からシャトルバスに乗りに行くもマラソン号の人を捌いてから。いろんなバスがいる。しばし待って自分はマイクロバスで合同庁舎へ。
まずは受付。そして更衣室へ移動。選手休憩所の表示が2ヶ所ありどっちがよいのか?体育館に行くもすごい人でやっと1人分の陣地確保。
9時過ぎて傘さしてワインの試飲やトイレに行った後、覚悟を決め傘を手放しスタート地点に移動。盛田ワイナリーの前。
雨宿りしながら赤アミノバイタル補給して並ぶ。すぐにスタート時間。カウントダウンが始まったが10,9,8,7654,3,2,1と失敗カウントダウン。苦笑の中、スタート。
f0157572_19030952.jpg
雨なので3時間の制限までにゴールできればいいか、くらいの感じでゆるゆる走り出す。
しかも行く手は上り勾配。あまり頑張ると後半持たないだろう。
ぶどう狩りに来た時にコースの上り具合は見ていたので無理はしない。
そして下りは飛ばさない。こちらも後半足が痛くなったりするかもだからな。
雨の大会は初めてでいやだなーと思っていたが濡れてしまえばもうどうせこのまま、と割り切った。
前週の米沢で寒い思いをしたので恐かったがそれほど気温が低くならなかったのでなんとか大丈夫だった。
フルーツラインのトンネルを抜けたところで霧のなか塩山の町が見えた。プチ雲海のようで幻想的、なんて思いながら走っていたら特急が来てた。ぐぬぬ
f0157572_19115340.jpg
中間点を過ぎ跨線橋通過。線路だけ撮影、と思ったら踏切が鳴り始めた。
これは撮影しなくちゃと電車が来るのを待つ。走るより、待つ。
f0157572_19123687.jpg
f0157572_19201855.jpg
その後も何度も何度も上って下ってまた線路を越えたので上りが多くなりコースは確実に駅に向かっている。
f0157572_19281114.jpg
f0157572_19283679.jpg
駅手前の線路下は斜度のある下りだったので歩いた。
駅で給水してあとは下り基調かな、と少しスピードを上げる。足が痛くなってもゴールできるだろう。シャトー勝沼を過ぎて右に曲がった18キロ辺りで12時の音楽が鳴った。
f0157572_19205238.jpg
意外と普通のタイムで走ってきたらしい。小佐手の交差点までとても快適に走れた。で、ゴールに向けて左折すると急に走れない。ここは微妙に上っていたよう。15分までにゴールできるかと欲を出して頑張ったが思うように進まない。
中学校の前まできた。もう終わりだ!と左折したらそこは上りだった。はあ。ラストスパートはできずじまいでフィニッシュ。
2時間17分くらい。中学生かな?ゼッケンのチップを外してくれた。ありがとうございます。
記録証を発行して頂き預けた貴重品を引き取る。
この中にエコバッグを入れておいたので参加賞などはそこにイン。
なんたって参加賞はワインなので落としたりすると大変なのだ。
狙って原茂のワインを頂く。そしてスタート前に試飲していた池田ワイナリーの赤ワインを買いに。
出店は毎年同じところではないそうだ。
f0157572_19040770.jpg
ランナー向けのワインサービスでは一升瓶からワインをたっぷり注いでくれる。ここの担当のおじさま方は楽しそう。
ぶどうサービスは中学生さんが担当。ぶどうを一房渡された。全部?と聞いてしまった。
体育館に戻り着替えて撤収。
旦那氏がスタート地点辺りに迎えにきてくれている。
雨でもやっぱり楽しかった。スタッフさんボランティアさん沿道の方々も同条件の雨の中だ。走らせてもらってる方が楽しまなければ意味がない。
選挙と台風接近の中、甲州市の心意気に感謝します。
またワイナリー巡りに行きます!

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-10-26 18:47 | ジョギング | Comments(0)
10.14
新幹線で米沢へ。市内の銭湯に行ったのち米沢牛すき焼きの夕食。
おいしいよ!
10.15
市役所集合で東北中央自動車道マラソン&サイクリングのサイクリング部門100キロコースに参加。
f0157572_08562956.jpg
参加賞はタオルとタンブラーの2種類から選べるのでタオルをチョイス。旦那氏はタンブラー。
体育館に荷物を預けスタートへ移動。なんかいる。
f0157572_08522723.jpg
9:00スタート。2キロはバイパスをパレード走行したのち米沢北インター付近から自動車専用道に乗る。あちこちでETC用意しろとのオヤジギャグが聞こえる、、、
栗子トンネル手前までを周回して100キロ走行するようだ。
行きは上り勾配でなかなか進まない。
f0157572_08534360.jpg
2周目後半くらいから霧雨?3周目の栗子トンネルへ向けてのトンネルを抜けると結構な雨模様。しかも寒いよ。帰りの下りはもっと寒いよ。
f0157572_08542700.jpg
12:20までにチェックポイントを通過しないと次の周回に入れない。八幡原のエイド付近で時間切れ、そこで旦那氏を待つことに。
その間に玉こんにゃくを頂く。激おいしい。
エイドには他におにぎり、餅、バナナ、ブドウなどが用意されチケットで引き換える方式。
旦那氏を待つこと40分。戻って来る人もほとんどいなくなった頃、最終走者の前くらいで旦那氏の姿が。待ってる間に自分はいろんな人に大丈夫か?と心配されてしまったぜ。
しかし、閑散とした自動車道を二人で走るのもいい感じ。
旦那氏は撮り鉄も出来て満足な様子。
f0157572_08584048.jpg
市役所のゴール地点は14:00まで。到着したのはのは14:00。おまたせしました。ここでアクエリアスを頂く。
その後、周回チェック表と引き換えに完走証と米(新米つや姫2キロ!)を頂き荷物を回収し芋煮とフルーツを食べて撤収。
f0157572_08553080.jpg
寒いので風呂に入りたい。一番近くの銭湯にさっき走ってきた道を引き返す。
湯船に浸かるとだんだん人間に回復する感じ。ぐふふ。
米ニキロを背負って米沢駅へ。駅弁屋のレストランで食事して帰路の新幹線に乗車。
輪行してまで参加するサイクリングなのか?!と疑問系で出発したがなかなか楽しくなかなか過酷だった。米沢は楽しいのでまた来たい。今回の旅で米沢牛はもちろん米がどこで食べても美味しかったのには感動した。
f0157572_08571972.jpg

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-10-18 12:22 | 自転車 | Comments(0)
8.6 恒例、枝折峠ヒルクライム
早く行って試走したいと旦那氏の希望で少しだけ早めに出発するものの関越道は渋滞、、ほどではないが混雑で思うように前に進めない。
浦佐駅に用事あるというのでついでに駅前の小玉屋で食事。
この1週間山登り症候群でくたばっていたのでほとんど食事してない。
この状況で外食?ピザにした。しかも結構食べた。
湯之谷の宿で友人と合流し旦那氏は試走、自分はぐだくだと。
夕食も無理かーといいながら結構食べた。

翌朝。
DNSか悩んだがだめなら回収されようか、と出走。
1週間仕事以外はほぼ寝たきりだったしこんな暑い中まともに走れるわけない。開き直り。
スタートするもどうぞどうぞ先に行って下さい状態。
灰ノ又をすぎ本格的な峠道、少しダンシングしてカーブを進むと
抜かされたーとの声が。なに?と思うとちゃりだー?とかテレビの人らしい。
テレビ的に音声は必要なんだろうけど無駄なエネルギー消費だよな。
第一給水所は応援バスの人たちもいて賑やかに応援をもらった。
ゆるゆる上って途中までは去年と同じようなペースだったが疲れた。
今日は1番斜度のあるあそこは降りようと決めていた。
スピードが上がらないので時間的にこなしているはずの場所にたどり着かずまだかーとばかり考えて走っていた。
結局2度くらい降りて去年に比べて20分延でゴール。転けなかった。
今年は旦那氏が待っていてくれた。
ちゃりだーの人はどうしたんだろう?ゴールで待ってるスタッフも
どうしたんだろうと言っていた。
(この後ゴールしてスイカ広場には来なかった。下りもいなかった)
病み上がりですからスイカはーと思いながらもどうぞどうぞと勧められるまま3切れも食べた。
麦茶も頂きとても満足。しかも天気いい、景色いい、最高やね。
自転車に乗っているときだけは元気だったが普通に戻るとまた具合の悪い人に。ぐぬぬ。

こっちも10年位は参加しているが少しずつ参加者が減っている。
テレビでやるかなぁ?そしたら効果で増えるかな?
でも暑い中での競技なのであまりオススメじゃありませんけどね。

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-09-12 08:35 | 自転車 | Comments(0)
登山道でいつからか自分たちの前を小学3年くらいの男の子のいる家族が歩いていた。
男の子はずっと疲れたもう嫌だと言っていた。
追いついたときにもうすぐゲームクリアだ!行こうぜ!と応援したりしていた。
先に進む彼が岩の上から頑張ってください!と手を振ってくれたりもしていた。
山でだとすぐ友達になれるんだなぁ。
彼は山頂でももういやだ!と言いながら笑顔でご飯を食べていた。
夏休みのいい思い出になるんだろうな。大人になって思い出してまたくるかな?
自分は、、、思い出したくない、またはもうないな。
f0157572_08403964.jpg
7.29-30
PM10時ころ自宅を出発し翌30日のAM2時ころ芦安駐車場到着。バス停まえの第2駐車場は埋まってなくてそこに駐車。
寝たような寝てないような車中泊ののちAM4時ころ起きだし支度。
ほとんどの人は乗合タクシーで広河原に向かったようだが自分たちはバスで。
係員さんが左側のほうが景色がよい、と教えてくれた。まぁ、現在小雨で真っ白なんですけどね。
よくこんなところを!的な道をバスは小1時間走って広河原到着。ほんとにぽっかり広い河原。
インフォメーションセンターで北沢峠までのバス券を購入、トイレそして朝ごはん。
f0157572_08284809.jpg
北沢峠への臨時バスがでるとアナウンスがあったが見送り6:50に乗車。
バスから見ていると北岳に向かう人のほうが多いように感じる。
途中、青空が見えたりしてわくわくしてたらあっという間に北沢峠到着。
ここでもトイレにより合羽を着て出発。
仙丈ヶ岳の道はほぼ普通の山道だ。
大滝頭で分岐。どっち?小仙丈方面の尾根道を進む。
森林帯はもちろん森林限界を超えてからもガスっていて眺望はなし。ここのところずっとこんな天気続きらしい。
振り返ると甲斐駒ヶ岳が少し見えている。写真ーと思ってスマホを取り出した。そしたら落ちた。画面が割れた。使えなくなった。
一気にテンション下がった瞬間。甲斐駒ヶ岳より落ちていくスマホの軌跡のほうをよく覚えている、、、
小仙丈へのちょっとキツい上りもやっと山っぽくなった小仙丈の下り、仙丈方面へのガスってるけど良眺望、全部記憶にない。
(カメラはなんとか使えたので少し残っている)仙丈のカールで雷鳥いますよと教えてくれた方がいた。小さいのがいたらしいが私には見つけられなかった、残念。
仙丈ヶ岳に登頂、やっぱりガスってたのですぐに撤退。
今日は小屋泊まりなので明日また来ればいいかという。
しかし。
f0157572_08274121.jpg
小屋に到着したとたん倒れる。いつものことだがこれが朝まで続いた。小屋の方、一緒になった方々、本当にすいませんでした。

翌朝、旦那さんはご来光を見に早朝登り返していた。小屋前からも甲斐駒ヶ岳が見える。槍も見えると言っていた。あー富士山と北岳のならびが見たかったのにな。
よろよろと下山。よい天気だ。馬ノ背ヒュッテでポカリ調達。
ポカリが効いたのか少し元気を取り戻す。何回か流れる沢を越えたが小仙丈よりもっと普通の山道だ。
山登り史上初、下りで大きくこけた。平坦よりわずかに地面に到達するまでに時間があったせいか?頭部を打つことだけは避けられた。。膝は強打したが衣類との摩擦傷のようで今のところ血は出ていない。問題なく歩ける。
2合目がないなーと思っているうちに北沢峠到着。よかった生きてた。バスは2時間後。自分はバス停でぐったり旦那さんは北沢峠探検と食事してたらしい。
その間、仙流荘方面へは臨時バスなのか時刻表にないバスがたくさんあった。
広河原方面も?と思ったが所定のバスが満席になったので15分ほど早く出発したくらい。
バスからは北岳が素晴らしく見えた。運転手さんも今までは天気が悪くてせっかく来た人は気の毒だった、今日は晴れてよかったと私たちのラッキーを喜んでくれた。
f0157572_18541092.jpg
広河原から甲府駅行バスを待っている間、ズボンをめくり膝の傷を見ていた。すると小屋で一緒だった女性が絆創膏持ってますよ!とくれた。ありがとうございます。自分は車の中に置いてきてたんやね、反省。芦安駐車場。駐車場で下車したのは私たちのだけだった。

甲府でお風呂により甲府南インターから中央道。高速に乗ったとたん具合が悪くなり信玄ソフトも食べられずまた後部座席へ。
熱が出たようで家までまたぐったりだった。
ほんとうに山登りはこりごりでござる。
f0157572_08302325.jpg
(そしてこの後不調は続き喉が痛すぎて何も飲み込めない状態になったり熱が出たり咳がとまらなかったり1週間苦しんだぞ)

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-09-12 08:34 | お出かけ | Comments(0)

東京ドーーーーム!

ふと、都市対抗野球が見たい!と思い会社終わりに旦那さんと現地集合で野球観戦。7月20日。
試合は18時からだが自分の終業時間も18時、ぐぬぬ。
ダッシュで地下鉄に乗り水道橋。久々の東京ドーム!
f0157572_09261369.jpg
東京都代表JR東日本と名古屋市代表三菱重工名古屋の試合。
JRは毎回満員らしく1階席だともう外野誘導らしい。
2階でいいか、と階段を進むとすぐにJRの受付があり流れ作業で
チケット扇子タオルガイドビニール袋を渡された。
くるくる扉でドーム内へ。
ほんとにすごい人だ。すぐには空いてる席に到達できない。
ウロウロしてるときに先制点が入ったようだが気づかなかった、、、
外野近くのテッペンに陣取った。全体がよく見えて野球観戦にはいいが肝心の応援ステージが見えない。
応援団の男性は技術系の作業着に黄色いヘルメットだったが次に見ると乗務員の制服だった。半袖の制服だったり応援団のウェアだったり異常にバラエティー豊か。あのペンギンもいる。
食べるものを調達に行った帰りに見えたステージでは応援団男子が夏の制服でガンガン踊っていた。すごいよー!ペンギンはDJらしい。近くで見たいよ。
f0157572_09265647.jpg
自軍(?)の応援の音は位置の関係であまり聞こえない。かわりに向かいの重工名古屋の音はめっちゃ聞こえるという、、、
7回には応援歌をみんなで歌う。とりあえずあいうえおーで合わせておいた。
東京ドームのビールの売り子さんはレベルが高い。めちゃくちゃかわいい子がおっきなビールサーバーを背負って汗流して笑顔で歩き回っている。やばいな。ときめいたもんね。
試合はピッチャー田嶋が制球定まらず?ながらも抑えていた。
4番のヒットで追加点が入るも重工の残念な守備のおかげでJRの残念な走塁となり両チーム「あーーーー」な展開とか。
JRファイヤーという応援がとても楽しかった。
f0157572_09273115.jpg
試合終了後はインタビューがありその後、社歌に。
今まで試合より飲み会だった人たちもおもむろに立ち上がり歌っていた。となりで旦那さんも歌っていた。みんな歌えるんだーと妙に感心した。
そしてエールの交換。フレーフレー東京フレーフレー名古屋。
一塁側の応援席の人たちが赤いスティックを振っていた。
三塁側も緑のタオルを降っていた。応援もスポーツマンシップがあっていいなぁ。
なかなか我が家にはないイベントだったので楽しかった。他の会社の応援も体感したい。
JR東日本の次の試合は日曜で用事があったため行けず、ネットライブで観戦。
白熱したゲーム展開でJRファイヤーもスマホ越しに聞こえるくらい大応援団が声を出している。と、いうか出さないとダメな展開だったが惜しくも敗戦。
今日は今年の決勝戦、NTT東日本と日本通運、都市対抗的に言うと東京都対さいたま市。
どんな試合になるのか気になる。

[PR]
# by pirokichi4464 | 2017-07-25 09:30 | お出かけ | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464