地元(となりまち)で大会!湘南藤沢市民マラソン

北海道で寒暖の差に体調を崩し列車内で寝込み家に帰っても寝込み(旅行後に会社を休むという)飲まず食わずで2日間。
3日目の午後ようやく起き上がりなんとか食事。炭水化物!と駅前喫茶店でホットサンドを作ってもらいテイクアウトして夜ご飯。
4日目の日曜日は普通並になってきたので自分でご飯を炊いておにぎりの朝ごはん。
朝からバスに乗り小田急線に乗り継ぎ江ノ島へ向かいます。
f0157572_09191032.jpg
1月の休みはどうせ走るんだからと地元(微妙)のマラソン大会にエントリーしていたのです。
江ノ島へ向かう小田急は藤沢から満員です。東海道から乗り換えて来る人の方が多いよう。
江ノ島では、旦那さんもお正月の様だ!と興奮するくらいの人手。駅から江ノ島まで人の波も途切れません。
遠くに白い丹沢が見えてます。富士山はみえません。
f0157572_09211368.jpg
ナンバーカードとチップは事前に郵送されているので受付はありません。
着てきた服を脱いで荷物に預けるだけです。人が多くて更衣室にたどり着けません。
末尾番号別になってる荷物預けにリュックをお願いしてスタートラインに移動。
f0157572_09224740.jpg
こっちも人が多くて訳がわかりません。ブロックの表示プラカードがありましたが既に近づけずFあたりに落ち着きます。
そのままスタート時刻。ゆるゆる走り始めますが僅かな隙間を縫って後ろから人が抜けて行こうとします。腕もびしびし当たってくし足も当たるし、、、、こわいよー
3キロくらいは激混みの中を走ってました。路面が見えないので車道の突起物に引っ掛かりこける人多数。
f0157572_09222112.jpg
半分過ぎたくらいで旦那さんには先に行ってもらいました。
やっぱりエネルギー不足のようで楽に走れません。沿道に応援の方々がいらっしゃいますが応える余裕がありません。
写真もスマホを取り出す余裕がなくて撮れてません。
案の定補給なし走破ラインの13キロ以降、とても苦しかった。給水も混んでて近寄る気になれなくてもう1つ前で寄ってれば、、な感じだったし。風が強く向かい風でお腹が冷えました。勘弁してください。罰ゲーム気分です。
小学生くらいの姉妹がかごにアメを入れて立っててくれたのでいただきました。が、つかんだアメが大きくて食べられない。
残り3キロからは抜かされるばかりでどうして自分はもっと走れないんだろう?!と情けなくなってました。寝込んだ後ですから仕方ないのに疲れてわかってません。
最後は残りの力全部だしてスパートだ!と思ったものの江ノ島へ向かう橋の上は風が強く無理ムリ。ゴール前20メートルくらいはがんばりましたよ。
ゴール後は中学生のハイタッチ隊にやさしくしてもらいシューズのチップもこれまたかわいい女子中学生さんに取ってもらい幸せ。
旦那さんと合流して混雑の中、リュックをもらい寒いので更衣室で着替えようとしたら長蛇。着替えはあきらめて着てきた服を着てから記録証をもらいに。途中で地元のお菓子屋さんブースでクッキーをいただき(ここのチーズクラッカーお気に入り)読売新聞の号外を申込みつつうさぎのかぶりものを装着してみたりして記録証の列に並ぶ。
自分たちの後にはもう列は出来なかった。
f0157572_09215225.jpg
f0157572_09203137.jpg
帰り道、富士山が見えました。波もすごいよ。そのまま駅に向かい湘南台で風呂に入って参加賞のTシャツで帰宅。

つけたし
先導が、自転車による先導があったらしくしかも素敵な自転車の方々だったので絶対お目にかかりたいと思っていたのに混雑で見つけられなかった。それが、心残りな大会。

[PR]
by pirokichi4464 | 2016-01-28 14:42 | ジョギング | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464