ついに平坦な大会、鴻巣パンジーマラソンを走る。

13日ぶりのお休み。しかも怒涛の残業続きで疲労困憊中。
なのに5時前に起きてお出かけ。湘南新宿ラインのグリーン車で鴻巣。
鴻巣住まいの友人がいるので走るのは当然とエントリーしたものの友人は走らないとかな鴻巣パンジーマラソンに初参戦。
電車を降りると結構な人がホームを歩いている。やっぱ早いとはいえ電車移動でスタートに間に合う関東近郊のマラソン大会は人気が高い。
忙しくて事前に送られてきたパンフレットも熟読できずいまいちどこへむかうのかもわからないのでとりあえず流れに身を任せ歩くと鴻巣市役所の向かい陸上競技場に到着。
f0157572_19135190.jpg
着替え着替え、と隣の体育館に入るが特に案内もなく女子用更衣室の場所不明。75%は着用済みなのでまぁいいか。トイレもどこ?な感じで合流した友人が案内してくれる。荷物預けは特にないので体育館に放置。
友人に見送られスタートに早めに並ぶも盛大に横入りされ満員電車状態。なんであきらめないの?
f0157572_19102622.jpg
スタートし10キロまでは6分ペースくらいでそのあと落ちなきゃラッキーという予定。フラットコースだから二時間くらいで走れるよ、と友人は送り出してくれたがそりゃ無理だろう。
旦那さんと10キロまで一緒に走った。
新幹線高架下の6キロくらいに給水がありそこからやっとバラけて走りやすくなった感じ。アミノバリュー投入。
f0157572_19125347.jpg
キロ5:35くらいペースでちょっと速すぎるか?と思い10キロの給水で旦那さんと別れる。
コースのほとんどが畑の中。風が強いと土埃でキツそう。
14キロの給水で紙コップを捨てようとするが上手くいかずストップ。その上メイタンのやつ投入でまごつく。
そしたら女子5人くらいに抜かれた。そこで火がつき猛追。途中で犬にハイタッチしてもらうのも忘れない。ネコバスランナーさんと少しおしゃべりしたり。(邪魔してすいませんでした。)
再び新幹線高架下に戻ってきたところでストップ前の位置に復帰。16キロ地点くらい。時計を見るとこのままキロ6分で残り走れば2時間切れそうな感じ。同じペースはどう考えても無理よねーと、あきらめるなよ!が頭の中をぐるぐるする。まぁ行けるところまでいってみよう。
18キロ超えた辺りが一番辛くてまたももクロ歌ってしまった。そして鴻巣北中のみなさんがハイタッチしてくれる。これで辛い気持ちを紛らわせてだいぶ前に進めた。
残り1キロ強のところで立哨員の男性が二時間切れるよーと言ってくれている。これはがんばらないといけない。
よっしゃ行くぞーと声をだしペースをあげる。またまた周りの方にご迷惑をおかけしましたね、すみません。
そんなんで今までない感じで左足が痛いとか。小学生男子4人組ががんばってください!!とずっと声を出してくれている。君らのがすごいよ。
競技場に入るところでも二時間切れるよ!と言ってくれている。本当に?
トラックに入って猛ダッシュ。相鉄の車内吊りポスターの駆け込み乗車イラストを思い描いて走ったよ。意外と足も上がって自分でもびっくり。
フィニッシュラインは時計が2時間を超えないところで切れたと思う。初めてやったぜ!と思った。
チップ回収に向かって歩いていると、あれ?!と旦那さんに声をかけられた。どっちが先にゴールしたかわからない状態。一緒に参加賞をもらいアクエリアスを受け取り気になる記録証!と歩いているとゲストランナーの服部翔大さんが。思わず列に並び一緒に写真をお願いした。アディダスはいてた。
そして記録証をもらってみるとグロスは1時間59分台、ネットは1時間57分台。旦那さんが38秒くらい速かった。
体育館に戻って靴脱ごうとしたら足がつりそうになった。こんなことは初めてだよ。
そしてまたまた苦心して着替えて豚汁ブースへ。自分たちは辛うじて頂けたがすぐあとに売り切れに。担当さんが苦悩していた。とてもおいしかったゆえの悩みだと思う。
友人が駅まで見送ってくれた。いやいや来年は一緒に走りましょうぜ。
あれ?パンジーは?余りに必死だったのか回りが見えてなくて気づかなかった。旦那さんが写真を撮っていたので見せてくれたがこんなとこにあった?!という。
さて、自己ベストが出たわけですが平坦コースですからね。次回からが大変ですよ。
当分は浮かれててもいいかな。
f0157572_19110674.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2016-03-09 08:27 | ジョギング | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464