乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムだよ

土曜の雨がすごかったんで雨で中止にならないかなーと思ったものの日曜は快晴。
f0157572_19355582.jpg
というわけで乗鞍スカイラインのヒルクラに出場してしまいました。
自転車乗り始めた頃にこの大会を知って出てみたいなーと思っていて、でも車がないと無理そうなのでそれ以来忘れてた。
が、今年は土日が二人とも休みだったので旦那さんに連れてってくれと頼んでみたらOKがでたので締切ギリギリでエントリー。
f0157572_19385561.jpg
自分のカテゴリーは殿下平の駐車場が割り振られていたので平湯の宿を7時ころ出発。旦那さんのカテゴリーだと2キロ先のほうのき台の駐車場。
自転車を組み立て日焼け止めを塗って740締切の荷物を預けてトイレへ。仮設の長蛇は男子のみ。旦那さんが待ってる間に五色ヶ原入山口の建物への階段をのぼってみると遠くに雪渓の山が見える。
建物はビジターセンターみたいでそこでトイレを借りる。
が、そのあと緊張のためかあと2回トイレにいく。保水力なさすぎ。
チャンピオンと中高生組のスタートを見送る。地元付近の学生さんのヘルメットはみんな通学に使うようなゴツいヤツだった。重そう、、、
旦那さんを見送って自分のスタート。焦らないで後方から行く。
このまま最下位を死守か?と思ったが関門に引っ掛かってはいかんと少しスピードをあげる。
関門夫婦松までは勾配がある、とのことだがなかなかすごいところがでてこないよ?10%の標識もあるがそんなに大変ではない。
途中で昨日は雨で見えなかった山々が見えてきた。絶対穂高だから。
関門はクリア、消防署の方の応援をいただく。
ここまで全く距離表示なかった?
途中で立哨員の方があと14キロと教えてくださったかな。
その後、あと7キロ表示が初めて出てきた。このあたりまで順調に思えたが13キロあたりで急に進めなくなる。斜度もそれほどきつくない足も大丈夫。しかしからだが重いというか、、、そして息苦しいよ?
標高の高さにノックアウトされた模様。だから昨日新穂高ロープウェイに乗ったのに!
すでに対向には下山組がきている。何人も見送った。女子選手の方もいた。速いともう降りちゃうのか、、すごいなぁ。小さくがんばれって声をかけてくださった。ありがたい。
その先で久しぶりに女子に抜かれた。こちらの方はがんばりましょう!と声をかけてくださった。敵は回収車ですね!と応えた。
残り4キロあたりで森林限界を越えた景色が見えてきた。大きく上っているような進路が見える。大丈夫か?と思いながら進む。
あと3キロ。
制限時間が迫っているので苦しいなんて言ってられない!と思った時、後ろから車の音と共に止まってくださいの声が。
回収されました。制限時間まで25分程残ってますが無理でしょう、と。
やはり敵は回収車だった。無念。
お疲れさまです、とバスに乗るとすでに10名ほどの方。その後も5名くらい回収されてました。
f0157572_19371737.jpg
バスで畳平まで運んでもらいトラックに乗せてもらった自転車を受けとる。旦那さんが待っててくれた。
折角連れてきてもらったのにごめんなさい。
f0157572_19380769.jpg
最終組で下山した。自転車を車に積んで帰路。の前にまた平湯バスターミナルの3階のお風呂へ寄り道。
ここで自分を抜いていった方に再会。また会えそうな予感な方。
帰り道でスイカが買えなかったのは残念だった。
でもすべてはまた次があるはず。

[PR]
by pirokichi4464 | 2016-07-12 19:47 | 自転車 | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464