今年もスイカを目指して上った、枝折峠。

4日金曜日。
会社帰りに新潟。民謡流しはすでに終わっているがいつもより賑わう新潟県駅前。
旦那さんと合流して居酒屋で餅を食べる。
f0157572_18412252.jpg
5日土曜日。
新潟まつりの住吉行列とパレードを見た後、燕三条駅前の道の駅で素敵なタンブラーを購入。
f0157572_18415749.jpg
出雲崎まで夏っぽくドライブして長岡のいつもの岩塚製菓でお買い物。そして大湯温泉ユピオでヒルクラの受付。
いつもの宿で友人と合流。3人はそれぞれこの枝折峠ヒルクラで出会ってからの縁。
f0157572_18422463.jpg
6日日曜日。
630に宿で食事。食べるか悩んだがスイカをおかずにご飯を軽く。
800ころスタート会場に移動。
とりあえずトイレに行って、とかしてたら整列始まった。3人ともカテゴリーが違うのでそれぞれの列へ。
自分は列から離れてしばしストレッチ。なんか余裕だぞ?緊張してないのかな。っていうか、前回乗鞍で足切りにあったのでもうなにも怖いものはない感を持ってしまったか。
スタートしてしばらくは緩い。なのにものすごく進まない。なんで。
駒の湯の分岐からヒルクラらしくなる。暑いし心拍数上がりすぎな、、、進んではいるが苦しい。ペダルを回すわりに進んでない。
第一給水で水のコップをいただき飲んだり掛けたり。
相変わらずよろよろと進む。回りにあまり人はいない。
f0157572_19345661.jpg
第三給水を過ぎたあたりからやっとくるくるできるようになった。
しかしこここらはキツくなる。例のあと2キロの表示からこのコースでいちばん緩のない長い上り(全編上りなわけですが)
ダンシングでしのいで少しカーブしている部分が平かと思いきや曲がったとこ数メートルがこのコース一番の勾配。
先を行く男性が落車した。
緩い部分を探して進んだつもりがやっぱり大変。
その後もよろよろ進みなんとか制限時間内にはフィニッシュできそう。コースに立っていてくれる方があと600メートルです、と教えてくれる。
スバートしようかとも思ったがあと1キロという看板がでてくた。どっちがホントなの?!
そのすぐ先に立ってる方はあと300メートルです!って言ってるし。
しかし景色が救急車に出会った地点だったのでスパートする。ウヒヒまだ脚が残ってたぜ!スイカが待ってるぜ!応援してくれる方もいて颯爽とフィニッシュラインを切ろうとした10メートルほど手前でグギキ、、、、

チェーンが外れた。
自分で落車しまーすといって転んだ。

そのあとどうやって立ち上がったか覚えていない。
チェーンを直そうとしたがスプロケにすぐかからない。持ってゴールしようかと2、3歩歩いた。しかしカッコ悪いと思いまた立ち止まりチェーンをかける。
さっきのスパートで抜いた人に抜き返される。あ"ー
フィニッシュでは友人が待っててくれた。(?)
時計を見ると1:15くらい。友人は(思ったより)早かったねと言ってくれた。去年より4分ほど速い。転んでなかったら6分やね。
f0157572_19313702.jpg
旦那さんは峠の駐車場の奥の方でスイカを食べていた。嫁の応援は!?
f0157572_19352856.jpg
自分もスイカをいただき景色を楽しみゆるゆる下山。毎年書いているがここの下りは楽しく降りられる。
f0157572_19331144.jpg
f0157572_19323886.jpg
下では応援のおばあちゃんたちとおしゃべりしてライスパーテー。屋内ゲートボール場で白ごまのおにぎりをいただく。おいしいよ。
抽選会を待っていたが順位のキリ番方式だったのでキリが良くない自分たちは関係ないかと撤収。
宿で友人と分かれ八色でスイカを買って(安い!)六日町でお風呂に入って塩沢で薄荷くずきりと鶴齢の蔵元で岡山弁を駆使して買い物。
また来年もがんばろう。
f0157572_19320702.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2016-08-09 19:45 | 自転車 | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464