箱根旧道自転車修行2017

恒例箱根旅、今年は4日しか行けない予定だったので晴れてよかったよ。旦那さんは仕事なので1人で決行。

前日、タイヤも交換しお出かけ準備万端で就寝。翌朝4時にさぁ出発!といったところでメットがない。
そういえば引っ越しの時どこに片付けたか記憶なし、、、
仕方ないので旦那さんのメットで出かける。結局去年と同じ430出発。暗いうちに出たかった、、、
用田から寒川は中原街道を利用するが一車線なので車の少ない時間に通過したい。
雲が多く日の出は確認できず。銀河大橋を渡り国道1号に出るのに失敗し湘南平の裏手当たりに迷い込む。
f0157572_08265163.jpg
花水橋から順調に国道を走る。GWは営業車が少ないので国道も走りやすい。なのでもう少し早く出掛けたいところ。途中国府津から小田原行きのバスと一緒に進む。いつもはバスに会うことはないので遅いかもしれない。
小田原に入りコンビニで休憩。これまではういろうのとこのセブンに寄っていたが今回は手前のローソン。ホットレモンドリンクで糖分補給、水とチョコとハイチュウを購入。
早川口からいよいよ箱根。車が少し多いかも?
新道の合流の、いつも工事中だったところがキレイになっていた。
三枚橋から上り開始。天気だが相変わらず雲多め。直射日光がないのはありがたい。
f0157572_08363820.jpg
郵便局前ヤマザキ前グギギな斜度だが先も長いのでゆっくり進む。
はつはなの信号でひと休みできるかと思ったが青。畑宿までがんばるか、、、天狗神社まえはもちろんアウトに逃げる。発電所先も結構な斜度が続くがなんとか畑宿到着。ちょっと休憩。ここまでに早々と下りの人に出会った、しかも2人も。自分もこんな早くに下ってみたい。ウォーキングの人もいつもよりずっと多い。
f0157572_08274892.jpg
この後の七曲りまでの直線もじわじわくるところ。
七曲りもアウトカーブを上りたい訳ですが車が多くてなかなかエスケープできず。だからと言ってインは絶対走りません。その方が怖いわ。ホント、今年は車が多い。
なんとか止まらず上りきり見晴茶屋で記念撮影。さるすべり坂も止まらずこなし甘酒茶屋でトイレ休憩。甘酒茶屋はすでに大勢の人がいる。旧道を上ってきたバスもぎうぎうだ。
旦那さんがいないので茶屋での補給はなし。
f0157572_08524101.jpg
峠の桜を楽しみにこの後も上る。まず石畳の桜が見えた。花びらがやさしくひらひら舞っている。それからも何本かの桜が、いつもより多くの花を残して待っていた。
f0157572_08533626.jpg
元箱根を越え富士山を臨み箱根峠を目指すもののあとカーブひとつで道の駅、な付近で止まってしまった。ハンガーノック?こんな時のハイチュウを食べてヘロヘロで道の駅へ。
いつもはほぼ口にしない、ホットミルクティーを一気飲みして一息つく。こちらもすでに大勢の車、バイク、自転車。いつの間にか雲が切れ青空が広がっている。日差しはあるが自転車で走る分には涼しい。
f0157572_08291503.jpg
箱根峠到着ほぼ1000。
先に到着した方からこれからどうするか聞かれたので来た道を下るか三島に下りるか考え中と答える。一方聞いてきた方は乙女峠から御殿場山中湖道志みちと何キロだよ!という壮大なコースを考え中とのこと。すごいぞ。
f0157572_18595474.jpg
結局自分は今年も旧道を下る。下り装備はしていったが少しひんやり。いっばい自転車が上ってくる。上りは暑いだろうな。
そして湯本まで下るとすごい人と車。行きにキレイになって走りやすーい、と余裕だった新道合流は大渋滞。その車の列は箱根板橋駅前くらいまで続いてた。路線バスが何台もいてどうなるんだろう?って感じ。
輪行して東海道で帰ろうと思ったものの早川?小田原?と考えるが止まる気配なし。どうせなら本数の多い(かもしれない)国府津から乗ることに。
小田原市内はお祭りで御神輿があちこちに出ていた。御神輿がういろう屋やかまぼこ屋に突っ込んでいた。おもしろい。
f0157572_08341265.jpg
途中、みかん屋屋台でスイートサマーオレンジ?とかいう黄色い柑橘系を購入。夏みかんや甘夏は他に表記され売られていたので別物らしい、
日差しの中あっという間に国府津着。駅前のパン屋で糖分補給し藤沢まで東海道乗車。
f0157572_08352769.jpg
藤沢からは境川をまた自転車で走り帰宅。ここがいちばん暑かった。
f0157572_08345061.jpg
境川も自転車でいっぱいだ。今年もいいゴールデンウィークだなあ。
f0157572_08435775.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2017-05-11 08:45 | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464