今年も走ったぜ!佐渡ロングライド2017

佐渡ロングライド第12回大会にして参加10回記念大会となった今年は210キロコースに出場。
わりとなんの用意も気合もなく佐渡に渡ってしまった。こんなんで大丈夫なんかなー
230に起きて309の両津シャトルバスに乗車。佐和田に到着は両津からのバスが早いのかまだそんなに人はいない。
自転車を預けている体育館、入るときに預け札の半券を提示してと言われるが自転車に置いてきたので今はない。困ったぜ。
f0157572_12203367.jpg
お弁当を食べたり日焼け止め塗ったり支度して整列しに外に出る。もう明るい。そんなに寒くない。
余裕があったので自転車を置いて旦那さんと順番にトイレ行ったり。今年は荷物をひとつにまとめて預け代節約。
スタート地点へ移動し海岸沿いで止まった瞬間にまたトイレへ。
戻り際A1組がスタートしていった。
さあ、自分のスタート順が来た!と思ったら間隔調整で止められ2分。痛いよ、、
1番前でスタートしたがいつものように抜かれる一方。前にいた男性について行く。稲鯨先で早くも悪魔おじさんに出会う。そのあたりで旦那さんとも別れる。
636相川。おまんじゅうをもらってアクエリでも飲むかと思ったらコーラの用意が!!やったあ♪ヽ(´▽`)/
f0157572_12224819.jpg
コーラでご機嫌よく入崎に向かうのも見知らぬ人たちのトレインに混ぜてもらう。お陰でサクサク進めた。付いて走るってすごい。732入崎に到着。今年もスイーツエイド。去年と同じくきな粉餅を頂いた。もちろんコーラも。かわいいボランティアさんと少しお話。
f0157572_12221235.jpg
Z坂、大野亀と前半のハイライトに向かう。途中、旦那さんの同僚が爆走トレインで走っていった。Z坂まで粘れ!と檄を飛ばす。
今回は坂の手前、みんなが止まってるところでトイレへ行き(とてもキレイなおトイレだった)、ぜーっと!ポーズで記念撮影。
f0157572_12074585.jpg
一息ついたおかげかあっさりとZ坂攻略終了。上でも珍しく記念撮影してみる。そんな事をしていたら旦那さんもやって来た。トンネ先でいつもこのあたりで会いますねと、北海道友だちに追い越される。
f0157572_12153683.jpg
大野亀はらあっさりと通過。楽しみは弾野エイド。鼻唄混じりに進む。
f0157572_12162811.jpg
こんにちは、焼おにぎりさま。おかげでがんばれます!
こちらでもコーラをチョイス。旦那さんと一緒に休憩。
f0157572_12170205.jpg
前日車で走ったせいかまだかなまだかなと焦ることなく快調に両津へ到着、1100。昨年とほぼ同じ。
ボトルに水がないのでもらいにドームへ行く途中、プリンがっ!という声が聞こえた(落としてしまった叫び)何?プリン?前方には越後姫の幟もある。大変だ!急げ!
地元洋菓子店のプリンをもらう。隣には佐渡産いちご。これはうれしい。とてもおいしかった。
f0157572_12173294.jpg
お弁当は入らないので赤アミノバイタルを飲んで後半へ。
走り始め、坂を上って海沿いに出ると早くも両津港へ向かうフェリーが見える。ときわ丸は速い。
いつもは小佐渡ではトレインにのれないのだが今回はとてもたくさんで走っていた方たちのところへ混ぜてもらった。どこまで付いていけるだろう。1人旅もいいけど気分が変わって本当に助かった。
が、ここでアクシデント。時計の充電が切れた。スマホはあるが走りながら時刻は確認できない(しかもこっちは充電中)困った。野性の勘だよりか、、、
2つ目の灯台が見えてあと少し。灯台のトイレも以前はアプローチが草むらだったが舗装されて使いやすくなっていた。多田のトイレが使いにくいので以前はここをよく利用してた。
多田到着1300ほぼいつも通り。すぐに先へ進むつもりが旦那さん同僚2人に立て続けに出会い調子の報告と先への展望の会話でしばらく滞在。よし、と自転車にまたがったときに旦那さん到着。話しかけようと思ったが先を急ぎたいのでスルーした。
f0157572_12193832.jpg
始め快調だったもののだんだんとスピードが遅くなる。
暑い、向かい風、そして楽チンだから大丈夫と思ってたここでハンガーノックらしい。平坦でも回せない。
止まって赤アミノバイタル補給。そしたら旦那さん達がやってきた。が、写真も撮れなくて残念。
前に進まない。
そんなにキツいところではないのになかなか小木に到着しない。たくさんの人に抜かれる。慣れているはずだがどうして自分はこんなに遅いんだろうと悲しくなる。モチベーションは下がりいっそのこと落車してケガしたいな、とか小木でリタイアしようとか考える。そして来年は絶対に210コースは走らないと誓う。
赤アミノバイタルが効いてきた頃、1人の男性に抜かれた。そのまますぐ前を走っている。これは救世主来る?!離されないようがんばる。いやーうれしいなぁ。
救世主さんのおかげでなんとか小木に到着。1449。休憩しているヒマはない。それでもコーラを頂き1分くらい芝の上に寝ころんだ。おにぎりを食べていた旦那さんに遭遇。君らも早く出発しないと。
リタイア?とわずかに頭をよぎるが、旦那さんの励ましに行けるところまで行ってみることに。ダメだったら正々堂々(?)収容してもらえばいいことだ。
再スタート時にとなりにいた人がクロックスだった。なぜクロックス?と聞くとなんとなく、、といえお答え。しかし失敗でした、とも言っていた。
さてと。小木の湯の上り、宿根木下って上るも無難に通過し灯台を下る。海岸線の風もそんなに苦にならない。しかし自転車で走っている人が急激に少ない。抜かしていく人も少なくなった。
上りの前で止まって給水、それから坂に突撃。ほとんど休むところがない坂だ。ダンシングすると左膝が痛い。上の方が少し斜度がキツイ記憶があるのでそこまでダンシング温存。
太鼓が聞こえているあそこまで行けば坂は終わる。
途中、押している人と150キロ以上走ってきてこれはキツいっすよねーと会話。以前はもっと斜度があったが短い坂だった。一瞬なので無理せず降りて押した方が早いくらいだったが、コースが変わって上りが長くなった。何とか危ない場面も迎えず太鼓の元に到着。悪魔おじさんも待っていてくれた。
しかしホッとはできない。この先が意外と長い。残された時間は野性の勘で40分弱くらいか?
海岸線に下ってくると先が見えている。素浜エイドはどれだ?
キャンプ場を越えてもうすぐなはず。給水して進むとエイドあと500メートルの看板、その先で旦那さん達とすれ違う。大丈夫!と声を掛けられエイド到着、1620。
f0157572_12185195.jpg
急いでコーラを頂きメダリストジェル投入。バケツから水を頭にかけて出発する。エイドの人が次の坂は押してもゴール出来ると叫んでいる。ボランティアの少年達もおにぎりどうぞと言ってくれているが食べられなくて本当に申し訳ない。
いろんな人の励ましにもうリタイアなんてことは頭から消えた。
ゴールしたい!今回は上りは本当に順調だ。素浜の上りもするする上れた。国道に出る。車が来るので慎重に走る。1度下って国道坂も無難に上る。本当に自転車が少なくなってきた。そんななか抜いてゆく赤い人、悪魔おじさんではなく背中に審判最後尾と書いてある。ヤバイぞ!!抜き返さないとー!速くて追い付けない、、、と思ったらGSに寄り道してた。トイレだね。よし、この間に逃げなければ。
真野新町の信号で一緒に止まった方から足まだ残ってるんだすごいね、と声をかけられた。?そんな事はないが、、、それじゃあ自分が行けるとこまで引きますよ、と頑張った。が、誰も着いてなかった。ぐぎぎ。
陽が傾いた海岸に戻って来た。ぜーっとでゴールした。
正面に旦那さんが待っていてくれた。
何分?!と聞くと周りの人まで時計を見てくれてた。1749、10回中最遅記録だ。
良かっただの疲れたよなんてぐだぐだする間もなく、完走証をもらったら鬼の形相で自転車を箱詰め。
自転車送ってたらシャトルバス乗れなかった!とかあるようでクロネコの締切が早くなっている。5分もかからす箱詰め完了。送ったあとは走ってシャトルバスに乗る。ここまでが佐渡ロングライド。
今年も十分すぎるほど楽しんだ。
f0157572_08443050.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2017-05-30 08:45 | 自転車 | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464