カブトガニ笠岡ベイファームマラソン

朝からいつものようにお餅を食べてバスで岡山駅へ行き738の糸崎行き山陽線に乗車。
多分マリンライナーの方がそれっぼい人はいたんだろうが山陽線にはいない。
f0157572_08370451.jpg
819笠岡着。降りたら3人くらいそれっぼい人がいた。
笠岡陸上競技場まで歩いて20分くらい。よい天気。ほとんどの人は車のようで駐車場に入るのに渋滞していた。岡山より福山ナンバーの車の方が多い。
受付して体育館へ移動。サブアリーナが女子用更衣室。
今日は敷物がないのでゴミ袋にタオルを敷く。参加賞の大判バスタオルが大活躍。本当に大判。
しばしウェアに悩む。半袖にアームウォーマーにライトシェルか長袖アンダーに半袖のみか。なにしろ岡山でこんなに寒くなるんか?という状況。
結局長袖アンダーに半袖重ね着で行くことに。もちろんゴミ袋も着て外にでる。荷物預りはないので体育館に放置。
トラックでは親子ランがスタートしていた。
走るの上手だねーと声をかけると嬉しそうにスピードがあがるお子さまもいて応援の力はこんなに小さくても伝わるんだなぁと感心した。
f0157572_08293110.jpg
ハーフスタートは10時。整列してくださいとアナウンスがありわらわらと集まる。陸連登録のみ前に出てと言われていたが特にブロック分けなし。
1分前のコールもなく?スタンドの野球少年がカウントダウンしてくれて号砲スタート。スタート位置がよくわからず。しかも強引なすり抜けに遭遇。
トラックを2/3ほど走ってロードへ
コースは干拓地の田園コース。ほぼ吹きっさらしな状態。最初の3キロは向かい風。帽子が飛んでしまったら後ろのランナーさんが拾ってくれた。陽がさしてきて左折。ここでピニール袋を脱ぐ。
小さい周回を周り最初の向かい風道に戻る。この間、牧場の間を走った。犬に吠えられた。
風のせいで体感温度は氷点下。しかし調子よく走ったので汗でも出ていたのか2回目の向かい風は寒くて仕方ない。
そんな中、後ろから10キロの人たちが走ってきた。速い。
男子先頭はランシャツランパンと正当なランナー装束だった。すごい。その後はハーフ、10キロランナー入り乱れて走る。
左折して大きい周回へ入ると10キロの方々とはお別れ。
f0157572_08324918.jpg
畑の中を淡々と走るのみ。ギャラリーはいない。寒くて頭も回らない。周回の途中に折り返しがあった。進んでみると笠岡ふれあい空港の看板。どうも滑走路内にコースは進入しているよう。
もともと空港用に干拓整備されたところだが結局空港は作られなかった。で、広大な農地になって近所にある道の駅は岡山県内でも屈指の人気。
f0157572_08313580.jpg
給水があったので止まって頂く。冷凍庫で冷やしたようなアクエリだがあくまでも天然冷蔵。担当の奥様方と歓談。
こんなに寒くなることはないよーとのお話。はい、私もそう思います。そんな中、一瞬白いものも降ってきた。グローブしてても指先が冷たい。グローブしてない人の手は真っ赤になっていた。霜焼けになってしまいそう。
残りはまっすぐ走ればゴールの競技場なのだが向かい風にもう対抗できない。
17キロ辺りまでは2時間ペースで走れていたが最後はお約束の失速。2時間10分くらいでフィニッシュ。とりあえず競技場前から応援の方も居てくれたのでスパートできた。
寒いので完走証を頂きとっとと体育館内へ移動。暖かくなって全身が膨張するような感覚。ここで温泉に入れたら最高。
が、そんなこともなく着替え。帰路につこうとすると参加賞のうどんの列が少なくなっていたので頂く。フルサイズのうどんだ!
暖かくとてもおいしかった。
f0157572_08333089.jpg
その後、道の駅は徒歩には遠いのでJAの販売所へ寄りイチゴを購入して笠岡駅に戻る。
電車の接近メロディが聞いたことないものでなんだ?と調べるとがんばれカブトガニとかいう笠岡オリジナルのものだった。クセになる明るい曲調でなかなか良い。
f0157572_08302611.jpg
岡山駅へ戻るとなんか速そうなランナー姿の人がちらほらいた。
笠岡じゃなくて丸亀から帰ってきた人なのかなー?
寒かったけど楽しかった。
笠岡はマンホールのふたもカブトガニ、走った干拓地辺りの町名もカブトガニ中央とか。カブトガニ推しの町、笠岡。
f0157572_08353758.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2018-02-28 08:37 | ジョギング | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464