人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

金曜日。
f0157572_09140652.jpg
会社終わりで羽田集合、飛行機は満席。搭乗口変更でバス回避。米子空港からは境港線の目玉おやじ列車で米子へ。米子泊。
f0157572_19041196.jpg
土曜日。
ホテルで朝食。駅のコインロッカーに必要ないものを入れて駅前からバスに乗り50分ほどで終点大山寺着。バスには6組ほどの登山客。
f0157572_09130735.jpg
案内所でトイレに寄って登山開始。というかどっちに行くのかいまひとつなので人に着いていく。
f0157572_09144597.jpg
夏山登山口。中学の遠足で来ました。
あの時は朝4時ころ?に叩き起こされ登山口に行くも豪雨で撤退。小一時間ほどバス車内で寝てから再度登山開始したという、何故か登山口の光景の記憶が鮮明。
で、今回。
南光河原の駐車場はほぼ満車。登山口の階段の先も視界にそこそこの人が歩いている。簡易の地図を見ると登山道が山頂に向かってほぼ真っ直ぐ。どんな道なんや?
f0157572_09160578.jpg
だんだんと取り付けた階段状の木枠が急になる。結構な急登。
樹木が低くなって一時間ほどでたどり着いた五合目からは弓ヶ浜がキレイにみえてきた。
休憩もそこそこに上って行くとザレれた道。視界が開け大山橋も見える。視覚的に高度感がある。
f0157572_09164874.jpg
f0157572_09180419.jpg
ふっと傾斜が緩やかになりそして木道が現れる。
先に小屋が見え頂上らしき場所には大勢の人がいる。
f0157572_09185634.jpg
大山頂上とある碑に到着。約二時間。遠くの景色はもやって見えない。あっちが岡山方面かなー?伯備線を特定したかったな。
遠足の時、頂上はこんなに緑ではなかった。そして食事したかどうかは覚えてない。
今回は木道の空いているところに座って食事。ファミリーが多い。
三角点ハンターもつれてきたが三角点は剣ヶ峰のようだ。近づけない。残念。
f0157572_10554202.jpg
下りは石室経由で木道を歩く。野鳥が目の前で囀ずってくれた。
下る人も上る人も多く脇によけながら少し進むという状態。
詰まっては申し訳ないと思うので必死に下ってあっという間に行者別れ。ここの分岐で行者谷方向へ進む。相変わらず階段状だが静かで登山道らしい。
f0157572_10563902.jpg
視界が開けると大山の北壁がすごい迫力で見えてくる。
歩き続けるといきなり砂防ダム(砂防堰堤)の中に出た。白っぽい石がごろごろ。全部あの北壁から落ちてきたんかな。
f0157572_10571155.jpg
f0157572_10574180.jpg
f0157572_19061277.jpg
ごろごろを横切って川沿いを歩くと大神山神社に到着した。
神社とお寺を巡ってお風呂に入って14時のバスで米子駅へ。
やっぱり6組ほどの登山者。
駅からやくもに乗って岡山に向かう。結構なスピードですね。
っていうか伯備線をサンライズ以外で乗るの久し振り。
f0157572_19481257.jpg
岡山駅ではしばし撮影。DCでマスキングテープ柄にラッピングされたサンライナー目当てだったけど上手く撮れなかった!
f0157572_19054142.jpg
おみやげは二十世紀なしゼリーとどじょう掬いまんじゅう。
f0157572_19322789.jpg
f0157572_19343216.jpg

by pirokichi4464 | 2016-05-23 19:50 | 旅行 | Comments(0)
日曜日。
3時に両津からのシャトルバスが出る。そんなに寒くない。
自転車を預けてある体育館で朝食タイム。相川方面からのバスが到着するとあっという間に自転車がなくなっていった。
いつもは早く並ぼうと旦那さんを急かすのだが今回はA1移動します、のアナウンスでようやく外へ。A2のとこへ並ぶ。帰り用の荷物を預ける。500円、二人分1000円、、、
f0157572_18342630.jpg
スタート地点に移動してみたらずいぶん前方にいるようだ。これなら早くスタートできるか?と思ったものの予定通り545。
自分の前に自分より遅い人はいないようで抜き去られる一方。が、気にしてはいけない。ときどきトレインに交ぜてもらったりしながら相川到着。630。
おまんじゅうを頂きアクエリを飲んで5分滞在くらいでスタート。
次の入崎までもトレインに交ぜてもらったりしてすんなり到着。途中でトイレに寄るのも予定通り。海がキレイ。
f0157572_18362751.jpg
入崎AS730。今回はスイーツエイドとのことで今までにはなかったメニュー、大福やぜんざいがある。自分はきなこもちを頂いた。ばふばふしながらきな粉もすくって食べた。
この先はゼェーット!坂と亀上り。どちらもゆっくりだが無難に上りきった。
f0157572_18501977.jpg
f0157572_18505280.jpg
亀手前で旦那さん発見。いつもの撮影場所で一緒に止まる。
f0157572_18495051.jpg
f0157572_19033073.jpg
亀坂も一緒に上り写真撮影サービスを狙う。
弾野到着、912。去年最後のひとつだった焼きおにぎりが、今年は大量にある。なんて幸せ!しかも焼きたてで湯気まで出ているぜ。
ここでもトイレに寄って15分滞在。
この後の両津まではいつも腹ペコで苦しいのでしっかり補給してリスタート。
f0157572_18531266.jpg
おかげで1度も止まらず走れたが、途中事故現場や救急車、ドクターヘリなどを目撃し違う意味で心が苦しかった。
両津に着く1051。なにやら長蛇があるのでドーム方面には近寄らず自転車を止めた所で持参の食料で補給。10分滞在。
多田まで行く途中、お弁当難民が商店や自販機の前にゴロゴロしていた。
f0157572_18535520.jpg
両津先最初の上りの途中、以前は左に曲がって集落の中を走っていた所、広い道路がつながっていた。
多田1257。ゲストライダーの益子直美さんに遭遇しお疲れさまですと声をかけたが本当にお疲れのご様子。
両津から40キロ走ってきてのASなのでゆっくりしたいところだが、次の小木まではそんなに苦しい道のりではないのですぐにリスタート。
f0157572_18550589.jpg
多田トンネルの出口の信号グループのいちばん後ろを走っているとなかなか後続が来ないのでしばらく一人旅。マイペースで走る。
もうすぐ小木の辺りもバイパスが出来てて集落の中は回避。お家の表札がなんとか丸なところらへん。
そのあたりからみどりのジャージのおじさまの後を追いかける。声を掛けようかと思ったが後からの人たちとわらわら小木に到着してしまったので断念。そしたらみどりさんは、その後旦那さんと一緒に写真を撮ることになるグループの方だった模様。そういうのってあるよね。
小木では30分も滞在。芝生に寝転ぶのが夢やったんやと10分ほどゴロゴロ。
ここでも益子直美さんと遭遇。お話したわけではないが、この後の坂がキツイよねー泣きながら走る、なんて話していてわかるわーと心の中でお返事した。
アクエリいっぱい飲んでバワージェル入れて出発!
f0157572_18555131.jpg
相変わらず抜き去られる一方だったが逆襲の時が、、、灯台を経て海沿いの集落を抜け右折、長い坂にさしかかった。
前回はこの坂にコースが変更され上りきれなくてリタイアとなった。なのでここを頑張るために佐渡へやって来たようなものだ。
時折ダンシングを入れよろよろだが上っていく。そしたら次々と追い抜いていくことに。もちろん後ろからやってくるがしがしのヒルクラーには敵わないが、なんかめっちゃ順調。敵は目にはいる汗だけだった(痛いよ)
上りきった所には悪魔さんが応援してくれていた。ありがたいね。
上った分下ったら素浜到着。1546。
おにぎりなど用意されていたが、もう食べる元気なし。どこかで止まっちゃうな。出発しようとしたら旦那さんに会ったけど置いて行く。
素浜からの上りはじめ、振り向くとキレイな海が広がっているハズだが止まらず上る。そしてまだまだと思っていたが途中で左に曲がったのであっけなく上りが終わる。
国道は走りやすい印象しかないので順調に走る。しかし国道坂で旦那さんに追い付かれる。
f0157572_18563779.jpg
危惧していた通り真野新町あたりで腹ペコになりぜんぜん前に進まなくなった。水でごまかす。
最後の、橋の手前を左に曲がると旦那さんが待っててくれた。
前後にあまり人がいなかったので私たちだけでゴールできるかも!とがんばったらすごいスピードでゴールしてしまった。同じ苗字だからかフルネームをアナウンスしてもらった。1720。長い旅だった。
辛いけど楽しいがたくさん残った。
f0157572_18571179.jpg


by pirokichi4464 | 2016-05-19 19:14 | 自転車 | Comments(1)
金曜日。
会社終わりで東京から新幹線乗車。新潟駅前に泊まる。
土曜日。
駅前のバス乗場は自転車持った人でいっぱい。運賃の他に自転車運賃100円だって。
自分は歩いて汽船乗場へ。20分くらい。
f0157572_19433370.jpg
こちらも乗船券売場が長蛇。旅行会社手配なので並ばないと。
今回はカーフェリーが取れなくてジェットフォイル。9時のフェリーがときわ丸で1等の定員少ないから取れなかったのかな?
仕方ない。しかし速いぜ。旅情がないぜ。
私、今回は自転車を箱詰めして佐渡へ送ったものの何故かホイールがひとつ入っていないので持参。
乗船券売場でこいつも手荷物運賃かかるのか?と聞いたところ必要ないとのこと。
そしてあっという間に佐渡に到着。シャトルバスまで時間があるのでフェリー乗場で南蛮エビかき揚げそばを食べ、その後待ち合いの一角にある畳席でくつろぐ。
f0157572_19440684.jpg
テレビで3分クッキングが始まったので小さく踊る。
カーフェリーが到着した頃、ロングライド友達の北海道の人さんがバスに乗れそうと教えてくれたので一緒にバスへ。
満席になると時間がこなくても(1220)順次発車してくれている。
なので佐和田にとても早く到着したがまだ受付開始前。
先に自転車を受け取ろうと向かうがこちらも開始前。
f0157572_19443355.jpg
しばらく待って自転車を受け取り北海道さんと自転車を組み立て。
ちょっと調整と思ったら後ろブレーキのワイヤーキャップが取れて復旧不能。走って受付広場の町の自転車屋さんで直してもらう。
自分の自転車が片付いた後は旦那さんの自転車を組み立て。
仕事の都合で自転車預け時間までに佐渡に到着できないらしい。
自転車を2台転がして体育館に向かうと係りの方が1台運んで下さった。ありがとうございます。
本人いないがシャトルバスの乗車証が二人分あったので預けられた模様。
f0157572_12223322.jpg
その後、受付して米が無いことに涙しながら恒例ストレッチサービスを受けて路線バスで両津にもどる。
宿にチェックインしてフェリーターミナルへ旦那さんを迎えに行き風呂入ってご飯食べて寝る。明日は早起きなので寝るしかないぜ。
f0157572_12195259.jpg

by pirokichi4464 | 2016-05-18 12:26 | 自転車 | Comments(0)
火曜と土曜に8キロくらいづつ走った。が、スマホのGPSが不具合でつまらない。
お疲れなのか家に戻るとぐったり。ここのところあまり走ってなかったから一気に体力がなくなってるようです。
f0157572_08532147.jpg
日曜は動物園に。羊とたわむれる予定がアルパカになる。
必死でツーショを自撮りするがそんなんできるか!と非協力的なアルパカと遊んでいたら日焼けてしまった。
f0157572_08541269.jpg
金沢動物園の羊は前日に毛刈りされたようでへんな物体になっていた。
f0157572_08545443.jpg
とりあえず誕生日が近いのでケーキでも、とケーキ屋を探すが慣れない土地でよく分からない。結局地元のいつも行くスイーツ工場のアウトレットでお買いもの。
消費期限が今日明日というような正規品が市価の30%ほどで購入できる。
ロールケーキとシュークリームを購入。旦那さんはリンゴのタルト。合計500円ほど。
(プレシア工場直売所:用田手前ケーズデンキの裏)

佐渡へ自転車も送った。送料保険込みで3000円弱。しかしホイールが1つ入らず手持ちする。旦那さんは入ったのに、おかしいな。
f0157572_08553015.jpg

by pirokichi4464 | 2016-05-11 08:56 | お出かけ | Comments(2)
f0157572_08400088.jpg
ゴールデンウィークのいちにちは自転車で家から箱根峠までというのが我が家の恒例行事。
前半は休みがないので3、4、5のどの日になるかは天気予報次第。今年は5日に決行!
3:30に目覚ましをかけるもなかなか起きないのはお約束。
なので出発したのは4:30。ちょっと遅いなー。
長後街道用田から中原街道。寒川から銀河大橋を目指す。
いつもは銀河大橋あたりで日の出なのだが出かけるのが遅いので寒川前で日の出を見る。
f0157572_08352865.jpg
平塚を越えて1号に出てそのまま箱根境まで。風が強くしかも向かい風。押し戻されてる感が半端ない。
小田原でコンビニ休憩。自転車に乗っているときはハラペコ!と思っていだがいざ食べようとすると受け付けない、、、
ここは甘い飲料でごまかしリスタート。三枚橋までは快調。上りが始まるよ!橋のところで旦那さんに甘酒茶屋で待っててと言うとそのまま置いていかれる。そして甘酒茶屋まで出会うことはなかったのであった。
まずは郵便局前。キツイ。星野リゾート前、キツイ。やっとの思いではつはな。去年より遅いな。なんとか神社まえはアウトコース。インコース上ると事故になるよ。発電所前の直線を上りきると畑宿までひと休み。
が、上畑宿の直線もちょっと苦手。この辺りから七曲りは新道と交錯してるので車やバイクの音がどっちからのものかわからず緊張する。
f0157572_08373399.jpg
七曲りはアウトコーナーに逃げつつ、しかし最後の橿の木坂前で止まってしまった。あー!!!!!その後さるすべりまでの直線も堪えられず止まる。すぐに甘酒茶屋なのにな。
やっと旦那さんに再会。茶屋できな粉のおもちを頂く。
f0157572_08360851.jpg
芦ノ湖で富士山の写真を撮りつつゴールの箱根峠に到着。いつもの場所で記念撮影。
お天気がよくて富士山も芦ノ湖も駒ヶ岳ときれい。ただ風が冷たいので少し寒い。
f0157572_08364700.jpg
強風で目や喉が乾燥したことも辛かった。あと上半身があちこち痛いよ。
今年は初めて旧道を下った。するとたくさんの人が上ってくる。自分たちは少し早めのスタートなのであまり人に会わなかったけどお休みだもんね、上りますよね。
旧道の途中で温泉に入り湯本からロマンスカーで帰宅。
海老名で相鉄に乗り換えるも眠すぎで地元駅を乗り越す。
f0157572_08390545.jpg
忘れそうなので大会記録。地名は上った場所と下った地点。
1回大会参加1名、箱根峠三島
2回大会参加1名、箱根峠熱海峠熱海
3回大会参加2名、箱根峠三島
4回大会参加2名、箱根峠熱海峠函南
5回大会参加2名、大観山湯河原
6回大会参加2名、箱根峠湯本

by pirokichi4464 | 2016-05-09 08:44 | 自転車 | Comments(0)
4月のある週末のこと。
火山規制の影響で中止中のツールド草津。
今年はファンライドとして開催されるとのことで、いつものツールド草津もファンライド的になってしまっている自分は即参加決定。
土曜日、自転車を車に載せ草津へ出発!と思ったらメットを忘れて取りに戻る。運転手さんすみません。

草津のいつもの宿に、チェックインして自転車で受付に向かう。
がしかし。人がいない。
メットに貼るナンバーとこんにゃく畑パイナップル味を頂き受付終了。超絶寂しい状況。
その後、もらった無料券で大滝の湯へ入り宿に帰って即食事。
しゃぶしゃぶパーテーです。いっぱい食べてまた宿の風呂に入って寝る。
f0157572_08395876.jpg
翌朝朝ごはん食べてたら雨降ってきた。なので頭はシャワーキャップ、足はラップまきまきの完全装備?でスタートへ向かう。
今回は荷物預けがないのでカッパの中に下り装備をいれたリュックも背負う。
f0157572_08411257.jpg
仕切り屋さんなMCがせかせかと進行してる。そのとき初めてコースが殺生までに短縮されていることを知る。あらら。Twitterくらい見とけだね。
だからと言って上らない私たちではないのでゆるゆるとスタート。
旦那さんと友達にはすぐに置いていかれましたがね。
ファンライドと言ってもタイム計測するんやろ。
初めの1キロくらいは身体重いなぁと感じてたけどその後軽くなりマイペースでのぼる。標高が高い草津ではいつもの事なので気にしない。
路面がウェットといっても毎年雪解けの水が流れてるのでこれまたいつもの事。
f0157572_08421823.jpg
天気は悪いが辛うじて温泉街は望めたので止まって写真。しかし周りに止まる人はいない。とりあえず上りはタイム計測なの?!
斜度それほどでもないけど右に曲がってのとこはダンシング。
けどそんな人も周りにいないよ?!
池の辺りで国道の標識と記念撮影。そしてゴール前のひとひねりがちょろっと斜度あるなと意気込んでダンシングしたらすぐゴールだった。あれ?こんなもんだった?な。
旦那さんがカメラを構えててくれたので必死モガキスタイルを作ってゴール(finish?)
雨で寒いなか振舞いにとん汁といつものココア!を用意してくださっている。ありがとうございます。
誰かのTwitterに「草津伝統のココア」と書かれていた。ホントに。
f0157572_08430153.jpg
雨脚が強くなってきてリフト乗場に避難して下りの装備装着。旦那さんがカッパのズボンをはきたくないといっていたが無理矢理装備してもらう。
自分はズボンをもってきてなかったので膝がとても冷たかった。
下りの寒さは侮ってはダメだと改めて実感する。
f0157572_08440659.jpg
殺生にはもうあまり人はいない。下り始めると二組くらい上ってくる自転車が。2本目?!
スタート地点に戻るとレストハウスから?スピーカーからクイズ?みたいなのが聞こえてくる。進行はファンライドじゃなくレース仕様なのかよ。なんだかなぁ。
完走証と温泉まんじゅうを頂き宿に戻る。ご厚意でお風呂に入れてもらう。極楽やー
どんなかたちであれ年中行事なのでまた草津の大会には参加するとは思う。
帰りに嬬恋方面に抜けたら晴れてきた。浅間山が。
f0157572_08343256.jpg
で、その浅間山方面から白根をみると草津の温泉街が見えた。
けど風が強かった。
f0157572_08350971.jpg

by pirokichi4464 | 2016-05-02 08:42 | 自転車 | Comments(0)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464