タグ:ヒルクラ ( 4 ) タグの人気記事

とんでもないタイムながらめでたく乗鞍スカイラインヒルクライム完走。
虫刺されというおみやげを抱え火曜日皮膚科を訪ねた。おでこがコブダイ(魚)か?!ってくらい腫れている。塗り薬と飲み薬を処方され、かゆみからは解放される。が、木曜日耳の周囲が痛い。リンパ痛い。金曜日また皮膚科へ行き抗生剤処方してもらう。
ここまでがヒルクライムかぁー
f0157572_08311485.jpg
今年も9日間休みなしで働いてから~の平湯へ移動。
7時前に家を出て1230に平湯に着いて時間調整でお風呂に入ってバスで受付へ。
平湯から殿下平、距離はなんてことないが峠越えで平湯トンネルがあり走るのは今一つなので毎回バス。自転車なら旧道で平湯峠へ行き(料金所)コースを下るのが良さそう。
受付後は、新穂高ロープウェイリベンジと畳平と迷ったがコース下見優先で畳平へ。案内に試走禁止と書いてたがいっぱい自転車いた。
明日出ないで走りに来た人がもしれないよね。
下見大事。去年は初めてだし上るのが辛くて料金所まだかな夫婦松まだかなフィニッシュまだかなって早く終わらないかばかり考えてた。
下見のおかげで今年は距離表示がなくてもばっちりだった。
忙しくて事前に準備できなかった。焦ったが赤アミノバイタルは松本の駅ビルで購入。レース中の補給食がないなと思っていたら受付会場にザバス売ってた。ありがたいー
f0157572_08362282.jpg
前日昼ごはんなし、夜ご飯は旅館で結構食べた。飛騨牛おいしい。
当日の朝ごはんはヒルクラの人は早いからって旅館でおことわりされた。用意もなかったので赤アミノバイタル。
ザパスはスタート前に半分くらい飲んであとは走りながらかな?と思っていたが案の定止まってしまった。
ふたをはずしておけばよかった。考えてたんだけど忘れてた。
結果止まって補給してよかったけどな。
半袖ハーフレーパンのレギュレーションは相変わらずでやっぱり足が日焼けた。
f0157572_18554455.jpg
そして、虫刺され。
顔はおでこのヘルメットに沿ってありえないくらい、身体は袖口際、レーパンの裾際などに刺されていた。
もしかして衣類と擦れて日焼け止めが薄くなったところが狙われたのか?
日焼け止めの油分で虫が(ブヨだけど)噛めなかったとかなのか?とも思う。
次回は虫除けと日焼け止めたっぷりでお願いします。
制限時間ギリギリで畳平到着のため即折り。記念撮影も出来ず最終組で下山。
下山用は上しか用意してなかったが下もあればよかったな。
スタート地点に戻ると表彰式やってた。すごいなー
どうやったらあんな人になれるんだ?
駐車場から出るときはすでに閑散、、、
今回はホテル焼岳でお風呂に入る。
結構広い。そしてうぐいすの湯という大きい露天風呂は、混浴だ。
女性用からそこに行くには関所でゆあみ着?おふろ用の上着を着ていけとあったが決心つかず踏み込めなかった。
が、女性専用の露天もあるのでそこで十分。
奥飛騨はええところなのでまた行きたい。
f0157572_08461276.jpg
あれから10日ほどたち虫刺されは落ち着いてきた。が、この間腫れたり引いたりを繰り返し腫れた時は本当に苦しかった。
そして会社でブヨ子と呼ばれるようになったぜ、、、ぐぬぬ。

[PR]
by pirokichi4464 | 2017-07-19 19:03 | 自転車 | Comments(0)

箱根旧道自転車修行2017

恒例箱根旅、今年は4日しか行けない予定だったので晴れてよかったよ。旦那さんは仕事なので1人で決行。

前日、タイヤも交換しお出かけ準備万端で就寝。翌朝4時にさぁ出発!といったところでメットがない。
そういえば引っ越しの時どこに片付けたか記憶なし、、、
仕方ないので旦那さんのメットで出かける。結局去年と同じ430出発。暗いうちに出たかった、、、
用田から寒川は中原街道を利用するが一車線なので車の少ない時間に通過したい。
雲が多く日の出は確認できず。銀河大橋を渡り国道1号に出るのに失敗し湘南平の裏手当たりに迷い込む。
f0157572_08265163.jpg
花水橋から順調に国道を走る。GWは営業車が少ないので国道も走りやすい。なのでもう少し早く出掛けたいところ。途中国府津から小田原行きのバスと一緒に進む。いつもはバスに会うことはないので遅いかもしれない。
小田原に入りコンビニで休憩。これまではういろうのとこのセブンに寄っていたが今回は手前のローソン。ホットレモンドリンクで糖分補給、水とチョコとハイチュウを購入。
早川口からいよいよ箱根。車が少し多いかも?
新道の合流の、いつも工事中だったところがキレイになっていた。
三枚橋から上り開始。天気だが相変わらず雲多め。直射日光がないのはありがたい。
f0157572_08363820.jpg
郵便局前ヤマザキ前グギギな斜度だが先も長いのでゆっくり進む。
はつはなの信号でひと休みできるかと思ったが青。畑宿までがんばるか、、、天狗神社まえはもちろんアウトに逃げる。発電所先も結構な斜度が続くがなんとか畑宿到着。ちょっと休憩。ここまでに早々と下りの人に出会った、しかも2人も。自分もこんな早くに下ってみたい。ウォーキングの人もいつもよりずっと多い。
f0157572_08274892.jpg
この後の七曲りまでの直線もじわじわくるところ。
七曲りもアウトカーブを上りたい訳ですが車が多くてなかなかエスケープできず。だからと言ってインは絶対走りません。その方が怖いわ。ホント、今年は車が多い。
なんとか止まらず上りきり見晴茶屋で記念撮影。さるすべり坂も止まらずこなし甘酒茶屋でトイレ休憩。甘酒茶屋はすでに大勢の人がいる。旧道を上ってきたバスもぎうぎうだ。
旦那さんがいないので茶屋での補給はなし。
f0157572_08524101.jpg
峠の桜を楽しみにこの後も上る。まず石畳の桜が見えた。花びらがやさしくひらひら舞っている。それからも何本かの桜が、いつもより多くの花を残して待っていた。
f0157572_08533626.jpg
元箱根を越え富士山を臨み箱根峠を目指すもののあとカーブひとつで道の駅、な付近で止まってしまった。ハンガーノック?こんな時のハイチュウを食べてヘロヘロで道の駅へ。
いつもはほぼ口にしない、ホットミルクティーを一気飲みして一息つく。こちらもすでに大勢の車、バイク、自転車。いつの間にか雲が切れ青空が広がっている。日差しはあるが自転車で走る分には涼しい。
f0157572_08291503.jpg
箱根峠到着ほぼ1000。
先に到着した方からこれからどうするか聞かれたので来た道を下るか三島に下りるか考え中と答える。一方聞いてきた方は乙女峠から御殿場山中湖道志みちと何キロだよ!という壮大なコースを考え中とのこと。すごいぞ。
f0157572_18595474.jpg
結局自分は今年も旧道を下る。下り装備はしていったが少しひんやり。いっばい自転車が上ってくる。上りは暑いだろうな。
そして湯本まで下るとすごい人と車。行きにキレイになって走りやすーい、と余裕だった新道合流は大渋滞。その車の列は箱根板橋駅前くらいまで続いてた。路線バスが何台もいてどうなるんだろう?って感じ。
輪行して東海道で帰ろうと思ったものの早川?小田原?と考えるが止まる気配なし。どうせなら本数の多い(かもしれない)国府津から乗ることに。
小田原市内はお祭りで御神輿があちこちに出ていた。御神輿がういろう屋やかまぼこ屋に突っ込んでいた。おもしろい。
f0157572_08341265.jpg
途中、みかん屋屋台でスイートサマーオレンジ?とかいう黄色い柑橘系を購入。夏みかんや甘夏は他に表記され売られていたので別物らしい、
日差しの中あっという間に国府津着。駅前のパン屋で糖分補給し藤沢まで東海道乗車。
f0157572_08352769.jpg
藤沢からは境川をまた自転車で走り帰宅。ここがいちばん暑かった。
f0157572_08345061.jpg
境川も自転車でいっぱいだ。今年もいいゴールデンウィークだなあ。
f0157572_08435775.jpg

[PR]
by pirokichi4464 | 2017-05-11 08:45 | Comments(0)
土曜の雨がすごかったんで雨で中止にならないかなーと思ったものの日曜は快晴。
f0157572_19355582.jpg
というわけで乗鞍スカイラインのヒルクラに出場してしまいました。
自転車乗り始めた頃にこの大会を知って出てみたいなーと思っていて、でも車がないと無理そうなのでそれ以来忘れてた。
が、今年は土日が二人とも休みだったので旦那さんに連れてってくれと頼んでみたらOKがでたので締切ギリギリでエントリー。
f0157572_19385561.jpg
自分のカテゴリーは殿下平の駐車場が割り振られていたので平湯の宿を7時ころ出発。旦那さんのカテゴリーだと2キロ先のほうのき台の駐車場。
自転車を組み立て日焼け止めを塗って740締切の荷物を預けてトイレへ。仮設の長蛇は男子のみ。旦那さんが待ってる間に五色ヶ原入山口の建物への階段をのぼってみると遠くに雪渓の山が見える。
建物はビジターセンターみたいでそこでトイレを借りる。
が、そのあと緊張のためかあと2回トイレにいく。保水力なさすぎ。
チャンピオンと中高生組のスタートを見送る。地元付近の学生さんのヘルメットはみんな通学に使うようなゴツいヤツだった。重そう、、、
旦那さんを見送って自分のスタート。焦らないで後方から行く。
このまま最下位を死守か?と思ったが関門に引っ掛かってはいかんと少しスピードをあげる。
関門夫婦松までは勾配がある、とのことだがなかなかすごいところがでてこないよ?10%の標識もあるがそんなに大変ではない。
途中で昨日は雨で見えなかった山々が見えてきた。絶対穂高だから。
関門はクリア、消防署の方の応援をいただく。
ここまで全く距離表示なかった?
途中で立哨員の方があと14キロと教えてくださったかな。
その後、あと7キロ表示が初めて出てきた。このあたりまで順調に思えたが13キロあたりで急に進めなくなる。斜度もそれほどきつくない足も大丈夫。しかしからだが重いというか、、、そして息苦しいよ?
標高の高さにノックアウトされた模様。だから昨日新穂高ロープウェイに乗ったのに!
すでに対向には下山組がきている。何人も見送った。女子選手の方もいた。速いともう降りちゃうのか、、すごいなぁ。小さくがんばれって声をかけてくださった。ありがたい。
その先で久しぶりに女子に抜かれた。こちらの方はがんばりましょう!と声をかけてくださった。敵は回収車ですね!と応えた。
残り4キロあたりで森林限界を越えた景色が見えてきた。大きく上っているような進路が見える。大丈夫か?と思いながら進む。
あと3キロ。
制限時間が迫っているので苦しいなんて言ってられない!と思った時、後ろから車の音と共に止まってくださいの声が。
回収されました。制限時間まで25分程残ってますが無理でしょう、と。
やはり敵は回収車だった。無念。
お疲れさまです、とバスに乗るとすでに10名ほどの方。その後も5名くらい回収されてました。
f0157572_19371737.jpg
バスで畳平まで運んでもらいトラックに乗せてもらった自転車を受けとる。旦那さんが待っててくれた。
折角連れてきてもらったのにごめんなさい。
f0157572_19380769.jpg
最終組で下山した。自転車を車に積んで帰路。の前にまた平湯バスターミナルの3階のお風呂へ寄り道。
ここで自分を抜いていった方に再会。また会えそうな予感な方。
帰り道でスイカが買えなかったのは残念だった。
でもすべてはまた次があるはず。

[PR]
by pirokichi4464 | 2016-07-12 19:47 | 自転車 | Comments(0)

山装う

通勤ついでにちょっと信州まで。
松原湖ー麦草峠ー茅野ー上諏訪 59.1キロ。

会社帰りに新幹線乗って佐久平に泊まって
小海線で松原湖まで行って麦草峠上って上諏訪で温泉入ってきました。
帰りはあずさ〜そば食べてないよ!!!!

天気良くてきれいー!!!って景色を眺めてたらあっという間に麦草峠。
(すっごい時間はかかっているんですけれども)
某氏におススメいただいた県道480号松原湖高原線。
八ヶ岳ビューロードとも名前がついててとても良い八ヶ岳の眺めでした。
f0157572_1845523.jpg


茅野に下りて諏訪を目指す。
よくわからないのでwとりあえず諏訪湖って方に行く。
なんとなく目的の温泉施設「片倉館」到着。
底に玉砂利が敷き詰められた広い浴槽。500円。

今日のお気に入り。かもしか?にお願いされている。
f0157572_20144272.jpg



補給:朝 トマトパン1/3(おいしくなかった)
  上り途中 パワージェル 峠 アミノバイタルゼリー
  ドリンク CCD  あぁーまたこんな少ない補給で走っちゃったよー
[PR]
by pirokichi4464 | 2007-11-08 20:22 | 自転車 | Comments(4)

幸せになれる景色を探して、自転車に乗ってどこまでも走ってくぴろブログ。


by pirokichi4464